鈴木です。

 

 
現在は若年層もかなり薄毛で悩む人は増えてきましたね。

 

普通に大学生はもちろん、高校生や中学生ですら

薄毛を気にしている子はいます。

 

 

中学生や高校生~20代前半の場合は、思春期特有の

骨格の変化であたかも生え際が後退したように錯覚するだけのケースも多いですね。

参考:20歳前後で生え際やおでこ部分の後退が気になりだした人へ

 

 
髪の毛の質もかなり変化しますし、

わたしの場合も中学校と高校のときの卒業アルバムを

比べてみると髪質が明らかに変わっていました。

 

 

もっというと小学校、中学校、高校に進むにつれて

髪質が柔らかくなっている感じでした。

年齢を重ねると髪質が変わっていくのは当然

年齢の変化とともに、

髪質が大幅に変化する人は少なくありません。

 

学生時代はとくに、気にしやすい時期でもありますから

仮に自分が薄毛ではなくても、

 

「なんとなくつむじ周りが薄い気がする」

 

「おでこがちょっと広いから…」

 

やたらと心配性になってしまう時期でもあります。

 

しかもネット上では、色々な情報があふれていますから

不安になるのも当然なんですよね…。

 

 
流行っているのは、テレビのCMとかでもやっている

プロペシアという薬です。

最近では、新薬のザガーロというものも

リリースされたみたいですね。

 

 
CMを見ていて「薄毛って病気なの?」って疑問を抱きましたが、

それだけ薄毛について悩んでいる人が多いからこそ

この業界はこうやって広告費を投入できるんだろうなと思いましたね。

 

 

10代の若者でもこういったAGA(男性型脱毛症)に悩んで

医療機関を受診するケースは増えています。

 

まぁそこでの診察は非常に簡易的なもので

来院から15分程度で処方できる

そのスピード感をアピールしているクリニックがほとんどです。

 

うーん

 

たしかに保険証すら必要ありませんから、誰でもお金さえ払えば

簡単に薄毛治療薬を手に入れることが出来てしまうのは

ある意味メリットではありますね。

 
ところがAGA関連のクリニックの医者は、

なんでもかんでも薬を勧めてきます。

 

これ医療期間で認められた治療薬だから、

根拠もたいして説明せずに処方してくるわけです。

 

日本の厚生労働省で認可されている治療薬だから

この一言だけで、プロペシアはどんどん売れていってしまいます。

余計な説明は不要ってやつですね。

 

 

すでに説明しなければいけないガイドラインのようなものは

マニュアルが準備されていますから、どのクリニックに行っても

医者は同じようなことしか言いません。

 

 

実際に診察に行っても何をしてくれるわけでもなく、

軽く、頭皮の状態をチェックして終わりです。

つまり、髪の毛の専門医なんて存在しません。

 

 

ただの医師免許を持っている人です…

 

 

そういった医師は、薄毛で悩んでいる人の気持ちは分からないでしょうね。

ほとんどベルトコンベアー的な流れ作業で診察をしていって終了です。

 

1人にかける時間なんて数分程度で、

10代の高校生とかにもプロペシアを

簡単に処方してしまうんですよね。

 

 

他に見るべきところはあるだろって

感じですが実際はそんな感じです。

医者側も自由診療で簡単に儲かるので楽なものです。

 

薄毛治療薬は高校生や大学生などの若い層にはお奨めできない

 

stop-1013960_640

 

プロペシアなどの薬は、副作用が報告されています。

そのほとんどは気にする必要が無いほどの確率であり、

安全な報告はされています。

 

 

ところが、男性の生殖器には何らかの影響を

及ぼす可能性は否定できません。

 

 

100%安全な薬はありませんし、

副作用が無い薬もありませんので、

当然といったら当然なのですが、

それにしても手っ取り早く薬で済まそうと

考えてしまうのは少しリスクが高いです。

 

 

10代20代であれば、これから結婚を控えているでしょうし、

なるべく、そういったリスクは避けた方がいいです。

 

 

 

プロペシアを処方しているクリニックでは、

基本的に大きな問題は起きていないとホームページ上には記載されていますが、

たとえば、自分の勃起不全のことなどを

そう簡単に報告してくる人はいないと思いますし

どうやって調査したのかがやや不透明ですね。

 

 

わたしもプロペシア、厳密にいえば同じ成分のフィンペシアという

ものでしたが、特別に生殖器系の目立った副作用はありませんでした。

心臓の動機とか、体毛が濃くなることはありましたが…

 

 

実際には服用時の注意事項としては以下のような

ことはしっかり記載されています。あるクリニックのものを引用しています。

 

女性は使えますか?

使えません。男性のみ服用してください。

妊娠中の方がプロペシア®を服用すると、

男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。

 

 

これはちょっと怖くなるような、注意事項ですよね。

男性が飲むことにはなぜ安全だと言えるのでしょうか。

 

 

うす毛が改善したら

服用をやめてもいいですか?

服用をやめると、再びうす毛が進行します。

治療の継続については、主治医にご相談ください。

 

 

わたしもかつて服用していた経験があるので分かりますが、

止めたら元の状態に戻ります。

 

もっと言えば、飲み続けていたとしても薄毛は進行します。

わたしの場合は、飲みつづけていて1年以上経過してから

効果が薄れてきました。

 

薄毛治療薬飲んだら副作用で心配になってきた

プロフィールでも何度か書いていますが、

プロペシアやミノキシジルで強制的に生えていた髪の毛が

どんどん抜けていってしまったんですよね。

 

 

やや心臓の動悸なども気になっていたので、

そこで完全に服用をストップしました。

 

 

 

とにかく、効果は薬であっても一時的である可能性は高いです。

少なくとも10年とか効果が持続している人はいるのでしょうか?

おそらくいないと思います。

 

薬なら間違いない、100%効果があると思われがちですが、

実際はそんなことはありません。

 

しっかり運動して、少しずつ薄毛の原因であるものを

削っていくしかありません。

 

一度進行が始まると、抑えることはできても

完全にストップさせることは難しいです。

 

もちろん、プロペシアを飲むことは無駄にはなりませんが、

薄毛になることを最低限食い止める程度にしかなりません。

 

副作用のリスクはありますし、飲み続けなければいけません。

 

プロペアシアを始めた1~2年は効果があるかもしれませんが

それ以降は分かりません。

 

 

10代や20代前半の若年であるなら

生殖器系の副作用はなかなか怖いですので、

薬に頼らずに、まずは運動や睡眠、食事に気を遣うべきです。

 

 

とにかく、10代の人に対しても軽々しくプロペシアを

処方するのはどうかと思いますね。

若者でも増毛・ピンポイントフィックスするのは有り?

薬を飲むのは抵抗がある

でも、薄毛が気になるのであれば

ピンポイントフィックスで

増毛するのもありだと思います。

 

むしろ10代でも使用している人はいますし

20代前半の大学生や、

わたしのような30代のサラリーマンも多いです。

 

もちろん学生の場合だと、お金に余裕が無いので

本当に最低限の契約で問題無いでしょう。

 

まぁ、ヘアリプロとかの育毛サービスで

様子を見てみるのがベストですが、

どうしても「今すぐ何とかしたい!」のであれば、

増毛サービスをまずは短期間だけでも受けてみる

といいですね。

 

 

お試しでもやってみると

イメージはつかめると思います。

契約を無理やり迫られることとかもないですし。