【体験談】AGAスキンクリニックでヘアタトゥーするとどうなる?

AGAスキンクリニック ヘアタトゥー 体験先日、モニターとしてAGAスキンクリニックでヘアタトゥーの施術を受けたので体験談を紹介します。

まだ知名度はそこまで高くない施術ですが、実際のところどうなのでしょうか?

まず

  • AGA治療しているけど髪の毛の生え方がイマイチ
  • プロペシアやミノキシジルタブレットを飲むことに抵抗がある
  • 女性で生え際だけ濃くしてみたい
  • 薄くなってきたところだけをカバーしたい
  • 薄毛だから坊主にしたけど毛のある坊主に見せたい
  • AGAにかける費用を抑えたい

ヘアタトゥーはこういう人たちに向いている対策だと分かりました。もちろんデメリット部分もあるのでそれも含めて紹介していきます。

ヘアタトゥーとは?実際に受けてみた感想

伺ったのはAGAスキンクリニックのアイランドタワー院です。

ここはLOVEのモニュメントで有名な場所、1階にはエクセルシオールカフェやセブンイレブンがあります。

AGAスキンクリニックは3階にあるので、エレベーターに乗ったりするのが抵抗ある人は階段でも簡単に上がれます。

まず来院して受付に名前を伝えると、待合室ではなくすぐにカウンセリングルームへ案内してくれます。

待たされるようなこともないので安心です。

ヘアタトゥーをする前に聞かれる内容は?

カウンセリングルームへ案内されると、まず最初に問診票を記入します。シートは2枚あって内容はかなり詳細です。

  • これまでのAGA治療歴
  • 健康診断で異常を指摘されたこと
  • 薬や食べ物によるアレルギー
  • 頭髪で気になる部位

などなど

※ヘアタトゥー用のものではなく、AGA治療全般を受ける上でクリニック側が知っておくべき情報ですね。

医師の診察・説明がある

写真は記載前の問診票

問診票を書き終えるとすぐに医師の診察&カウンセリングへ移ります。

カウンセラーが行うと思っていましたが、ヘアタトゥーに関する専門的な部分はドクターである先生がすべて詳細に説明をしてくれました。

※料金の説明はカウンセラーが行います。

先生の雰囲気やカウンセリングの印象

  • 圧迫感はまったく感じない
  • メリットばかりでなくデメリットも説明してくれる
  • こっちの希望をしっかり聞いてくれる
  • 勧誘などは一切なし

こんな印象でした。

知っておくべきヘアタトゥーの知識

ここでメリットやデメリットも含めて、知っておくべきヘアタトゥーの知識をまとめておきます。

  1. 入れる墨の量(太さ)にもよるが、数年で少しずつ薄くなっていく
  2. ヘアタトゥーには微量の金属が入っているため、金属アレルギーの人は受けられない
  3. 低侵襲(頭皮へのダメージがかなり少ない)
  4. ヘアタトゥーは2回で1セット(1ヶ月以降に再び来院して微調整を行うことが可能)

上記の4つの点は私が来院して先生から聞いて初めて分かった知識でした。

ヘアタトゥーをすると薄くなって目立たなくなるが、しばらくはヘアタトゥーは残ります。

金属アレルギーの場合は施術自体が受けられません。

ただ、植毛などに比べると、当日だけ入浴や頭皮を洗うことはできませんが、翌日以降は元通りの生活を送れます。

私の場合も痛みも赤みも翌日にはまったくなかったです。

あと、2回で1セットになっているので1ヶ月以降経ってみて

  • 同じ部分をもっと濃くしてほしい!!

とかの要望にもある程度答えてもらうことができます。

ヘアタトゥーの麻酔は塗るタイプで簡単

写真は麻酔を塗った後の状態

ヘアタトゥーを行う前には麻酔をしなければいけません。麻酔というと注射で痛いイメージがあると思いますが、塗るタイプなので、麻酔による痛みは全く感じません。

クリームのような麻酔をベタベタ塗られます。

(ヘアタトゥーする部位に念入りに入れることになります)

こ、これって…けっこうベタつきますΣ(・□・;)

※ここでアドバイスですが、ヘアスタイルをいつもセットしている人は確実に乱れます!ベタベタになるので注意しましょう。くれぐれもヘアタトゥーの後にスケジュールとかを入れないこと!

20分ほど待ちます

さぁ、麻酔を塗ったらすぐに施術!!

というわけにはいきません。

麻酔が効いてくるまで20分ほどかかるのでカウンセリングルームあるいは、施術するベッドの上で待ちます。

ちょっとヒマになりますが、スマホをいじったりできます。

ヘアタトゥーをする処置室へGO!

ヘアタトゥー バレないさぁ、施術する部屋へ移動です。ここはAGA治療のメソセラピーとかを受ける場所と同じです。

寝っ転がると塗った麻酔を先生がガーゼで丁寧に落としていってくれます。

わたしの場合は、左右の生え際をふくめて前の部分を全体的に対応してもらうことに。

まずは右側の麻酔をふき取って綺麗にしてから施術スタート!

先生と一緒にヘアタトゥーする部位を確認しながら進める

※麻酔は効いていても、フラフラしたり意識が朦朧とするようなことはありませんでした。

先生と鏡で確認しながら

先生「このラインでタトゥーを入れていって大丈夫ですか?」

わたし「あーそうですね、今の生え際から1㎝奥からタトゥーを入れていって欲しいです。」

かなり細かく要望を出すことができて感動しました^^

先生ってガンガン勝手に施術をやっていくイメージが強いですが、細かく確認しながら墨を入れてくれるので確実なんです。

もうちょっと濃くタトゥーを入れて欲しい場合は鏡を見てチェックした時に言えます。

ヘアタトゥーの機械

これがヘアタトゥーの機械です。

想像以上に小さい機械で、筆先が超高速で細かく振動するらしい。

ヘアタトゥーをしているときの感覚

電動の細いペンで頭皮を撫でられているような感覚です。

ザラザラするというか…不思議な感覚です。

麻酔のおかげで気になったことはありませんが、電動髭剃りのような「ブブブッ!」という独特な機械音がするのでちょっとドキドキします^^;

眠くなるので寝てしまう人もいるようです。私の場合は、所要時間は1時間半ぐらいでしょう。

カウンセリングや麻酔の時間をいれても2時間半ぐらいで終了です。

※ヘアタトゥーは施術を行う部位の面積で時間が変わります。他の施術と迷っている場合は診察や料金説明が長くかかる可能性があるので、最低でも3時間以上は見積もっておいた方がいいと思います。

ヘアタトゥーした直後~帰宅まで

最後はガーゼで頭全体を拭いて終了です。

綺麗に拭いても麻酔クリームのベタベタ感は残っているので、髪の毛はペッタリした状態で帰宅することになります^^;

術後はちょっと赤くなっている

塗れているので地肌が目立ちますし、墨の部分がちょっと黒くみえますよね?でも、乾くと馴染んで毛穴と見分けがつきません。

施術が終わった後はドライヤーで乾かしましたがべたつきはなかなか取れませんでした。

※当日は洗髪できないので、出来れば土日とか連休を使って受けた方がいいかもしれませんね。

ヘアタトゥーを第三者に見せてみたけど…

ヘアタトゥー後の頭皮を嫁に見せてみましたが、ほとんど気づかないとのこと。

頭皮をじっくり見て、ココにタトゥーを入れたと説明しないと気づかないレベルでした。

タトゥーの入れ方は太さ(濃さ)を選べるので、私の場合は細く入れたので余計目立たないのだと思います。

まとめ:ヘアタトゥーが終わって1週間後

ヘアタトゥーをやって1週間ほどが経過しましたが、気になるようなトラブルはありませんでした。

もちろん周りにバレるようなこともありません。

数日後に美容室へカットに行きますが、間違いなくバレないでしょう。

いつもドライヤーで髪を乾かすときに、チラチラ地肌が見えるのが本当に気になっていたんですが、見事に解放されました。

嫁からも風が吹いても地肌が見えづらくなっているって言われました。

ヘアタトゥーは2回で1セットなので残り1回はいつにするか未定ですが、1ヶ月様子を見てから決めていこうと思います^^