薄毛は馬鹿にされるのかどうか

管理人の鈴木です。

 
薄毛になると消極的になってしまう人が
多いこともあり、ちょっと悲観的に自分のことを考えがちです。

 

 
そうすると、周りが自分のことを陰でバカにしているんじゃないか

とか勝手な妄想を抱くようになってしまいます。

あと、人と話しているときも相手の目線が異様に気になったりしますよね。

 

 

 

それで、薄毛は馬鹿にされるのかどうかですが…

ハッキリ言ってこれはキャラクター次第ですね。

 

 

 

これは薄毛に関わらず、職場で嫌われているような人であれば

薄毛をイジッてバカにしやすいですからね。

薄毛でも人ウケが良ければ全くイジられませんしね。

 

 

 

まぁ、どうしてもメディアとかでも薄毛キャラって

イジられていますし、これは長年の社会の風潮的なところもあるんでしょうね。

やはり大きく影響しているのはメディアの影響なんじゃないかと思ってしまいます。

 

 

たとえば、AGAで悩む人に向けたCMが流れていますが

まるで薄毛やハゲていることが病気のように扱われています…。

 

 

 

これって未だに薄毛で悩んでいるわたしにとっては許しがたいです。

 

 

 

 

なんでも病名をつけておいて、治療しなければいけない

雰囲気を作り出すわけです。それで得をするのは

結局、プロペシアなどを扱う医療機関という構図なんですよね。

薄毛治療は自由診療になっていますのでクリニック・病院側が儲かりやすい面もあります。

 

 

 
プロペシアの場合、効果があるのかどうかは

人によります。少なくとも、生えるようになる薬ではありません。

AGAによる、薄毛の進行を遅らせる薬です。

 

 

 

 

 

効果があった場合も、プロペシアは飲み続けなければいけませんし

副作用も100%無いとは限りません。

 

 
これは個人の判断にもよりますが、

今流行っている薄毛の治療薬として話題になっている

プロペシアもCMでは紹介されていないデメリットもあるということです。

 
ですからメディアの情報をすべて鵜呑みにするのは良くないですね。

 

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが…

 

 

 

薄毛はカッコ悪いとかそういう風潮を作り出しているのはさまざまなメディアです。

確かに馬鹿にされるかどうかはキャラ次第なところもありますし、

薄毛が崇められるような社会ではないので、

くやしいですが…薄毛はちょっと不利な条件だとは言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

あなたが、もし見た目を最優先で保たなければいけない職業であれば

増毛などを試してみるのは十分効果あると思います。

 

 

 
少なくとも、増毛するだけで見た目は良くなる可能性は高いですし、

若返った気持ちになるので色々とプラスに働くかなと思います。

 

 

 

 

増毛に関しては、管理人のエピソードも参考にしてみて下さい。

>育毛増毛に費やした15年間