薄毛治療の新薬ザガーロの驚くべき効果や副作用の心配は

 

鈴木です。

 

 

 

今、一番市場で出回っている薄毛治療薬は

プロペシアで、主成分はフィナステリドでした。

 

 
2016年の6月に販売開始された新薬ザガーロの主成分はデュタステリドです。

両者ともAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)

を生み出す5αリダクターゼを阻害する薬になります。

 

 

 

 

このザガーロはプロペシアよりも強力で、プロペシアのときに効果が

得られなかった人もザガーロであれば、かなり期待できるとされています。

 

 

 

 

ただし、副作用もその分、プロペシアよりも起こりやすく

性欲減退や勃起不全の副作用の可能性はもちろん、

子作り中には服用を控えるように注意喚起されています。

 

 

 

 

妊娠中の女性がザガーロを服用すると

生まれてくる男の赤ちゃんの生殖器奇形が発生する可能性があるみたいです。

なかなか強力な薬のようですね。

 

 

 

とにかく、注意点については処方してくれるクリニックに

かなり細かく記載されていますので

これは裏を返せば、かなり気を付ける必要があるとも言えますね。

 

 
自由診療であることから、誰でも簡単に手に入りますし

服用量も、効果が出なければ勝手に増やしてしまう利用者も

増えることから、注意喚起はしっかり行った方がいいですね。

 

 
新薬ザガーロへの期待を膨らませている人もいると思いますが

副作用の無い薬はありませんから慎重に考えて使用するべきですね。

 

 

勝手に服用量を2倍に増やしたらどうなるのか

cure

 

これはかなり危険ですね。

 

 

実際にわたしもやってしまったので分かります。

まさに薬の効果がなくなってきたので、もう少し量を増やせば効果を

得られるんじゃないか…そう考えてしまい

ミノキシジルタブレットの服用量を2倍にしました。

 

 

 

 

そこから髪の毛の改善はややあったのですが、

それ以上に心臓の動機が激しくなったり体がアツくなる感覚が強くなってきたんです。

自分の身体の変調がこわくなってしまい、そこから服用することを止めてしまいました

 

 

 

 

あとは、今後も薬を継続しなければいけないことを

考えると、そろそろ中断するべきだと判断しました。

 

 

 

 

適切な使用量を守っていれば、大事にはならないと思いますが

薄毛改善につい長期的に効果を発揮できるとは限りません。

実際に5年以上、薄毛治療薬を継続していて

満足している人の情報はなかなか見つかりません。

 

 

 

 

せいぜい、わたしのように1年半ぐらいが目安なのではないでしょうか。

そして、いずれは効果が薄れていきます。

やらないよりはやった方がマシなのかもしれませんが

劇的に改善するような期待は抱かない方がいいですね。

 

 

 

 

本来であれば、薄毛は別に病気ではないので薬は必要ありませんが

薄毛治療の需要は莫大な市場になっていますので

色々なクリニックで、医師免許を持っているだけで

簡単にザガーロやプロペシアを処方している現状があります。

 

 

 

 

健康については一番大切にしなければいけませんので、

まずは治療薬ではなく、身体への負担が少ないものから

トライしていくことをオススメします。

 

身体への負担が少なく、効果の高い薄毛対策とは

dream

 

アデランスなどのサロンは維持費などがかなりかかるイメージ

ありますが、実際の薄毛の状態によっても変わりますし

ネット上に無い情報は一度資料請求すれば、ほとんど分かるようになっています。

 

 

 

 

あとは、何より食事もそうですが運動ですね。

これは大学生ぐらいから、運動の頻度は極端に減りますので

しっかり身体を動かす習慣をつけておいた方が絶対にいいですよ。

 

 

 

 

大学生になると、体育の授業も大体週に1回程度ですしね。

 

 

 

 

運動をしていれば、薄毛もそうですが他の病気の予防になりますから

一番おすすめ出来る薄毛の改善方法です。

 

 

 

何らかの運動をしていた方が、今後社会人になってからも

付き合いで何スポーツをしたりする場合に役に立ちますからね。

 

 

 

 

運動で汗を流せば身体の老廃物もストレスも解消されていきますので

良いことばかりです。まずは手始めにジョギングぐらいから

始めるだけでも効果は大だと思いますね^^